就活面接時の薬の飲み方・タイミングについて考えてみた

就職活動の面接場面で緊張をなくす薬を服用することを考えた場合、どのタイミングどれだけ薬を飲むのが良いのかを考えてみました。

就活は企業によって、個別面接、グループディスカッションなど様々な形態があります。
さらに、一次面接・二次面接と段階によって緊張感も変わってくるでしょう。
多くの方が面接に参加している場合は長い時間待たされることも考えられます。

そのようなことを踏まえて薬服用のタイミングを考えてみます。

薬の効き目から服用時間を考える

薬の効き目

まず、インデラルやデパス、ジェネリックなど緊張をなくす薬は効果が現れるまで平均して30分前後です。デパスの方が即効性は高いです。
※薬の効きには個人差があります

30分前後からじんわりと効果が現れはじめ、1時間も経てば効果をしっかりと実感できるものです。そのため、面接が始まる頃に薬の効きがピークになるように調整したいところです。

服用のタイミング

服用のタイミングとしては、面接会場に入る30分前に1錠飲んでおき、落ち着いて会場入りしておくようにしておくと良いでしょう。面接会場の雰囲気に緊張してしまう可能性も高いので早めの服用をおすすめします。

緊張感が強い場合は会場入り直前にもう1錠面接直前にもう1錠計3錠も飲めば、緊張することはなくなるのではないかと思います。

まとめると・・・
  1. 面接会場入り30分前に1錠
  2. 会場入り直前に1錠
  3. 面接直前に1錠

最大でこれくらいと考え、自分の緊張感に合わせて服用量を減らしていけば良いかと思います。

ただし、服用しすぎて逆にボーッとしてしまうようでは意味がありません。
飲み過ぎには注意してください。
また、面接本番で薬をはじめて使うようなことはせず、あらかじめ薬を試しておき、効果の現れるまでの時間や実感できるまでの時間、効き目などを体感しておくようにしましょう。
その上で上記のタイミングをあなた流にアレンジしてみてください。

このページの先頭へ