就活面接の緊張対策に薬を使うということ

就職活動の面接で緊張をなくしたい。
でも、薬にはできることなら頼りたくはない。

そういった思いの方も少なからずいると思います。

薬を使わずに面接が突破できるのであればそれがベストだと思います。
しかし、一つ勘違いをして欲しくないのが
「薬を使うこと=悪いこと」ではないということです。

薬を使うことは悪いことではない

面接時の緊張に悩んでいて、緊張を抑えられる薬があっても使わないという人はきっと心のどこかで「病気でもないのに薬を使うことは良くないのでは?」そういった思いがあるのかもしれません。

しかし、私はそうではないと思います。
不眠に悩む方に睡眠薬があるように、緊張に悩む方に緊張をなくす薬があっても当然ではないでしょうか?

薬はうまく使うことができれば多くの方を救うものになります。
薬は病気の時に飲むものという先入観はあるかもしれませんが、根本は人を助けるためのものです。薬とうまく付き合うことができれば、あなたの救いにもなるはずです。

また、薬を使うことで「薬に依存してしまうのではないか?」こういった不安をお持ちの方もいると思います。

確かに薬には依存性があるため、無茶な使い方や必要以上に服用を続けることで依存してしまう可能性もあります。

“面接対策”として使う

しかし、面接対策として使うことを考えればそのような心配はありません。
普段から常用するわけではなく、緊張が強い場面でのみ使うようにしていけば、緊張克服への強い味方になり得ます。

  • 薬を使うことは悪いことではないか?
  • 薬に依存してしまうのではないか?

そう思っている方というのは、逆に薬をうまく使えるのではないかと思います。このように考えている方はモラルも高い方が多いですし、薬にドップリ依存してしまうことも考えにくいと私は思います。

緊張したら飲む、飲まずに乗り切れそうなら飲まない
このようにうまく使い分けていきましょう。

あがりや緊張抑制に薬を使うことは”普通”になってきています

就職活動の面接、会議やプレゼン、結婚式のスピーチなど学生のみならず社会人になっても緊張場面は多々あります。

こういった緊張感というのは大小はあれど多くの方が感じていることです。

このような緊張場面で失敗を避けるためにデパスやインデラルなどの緊張をなくす薬を利用する人も年々増えています。
無理をして、失敗するよりもことをスムーズに遂行するためのツールとして使うことも当たり前になってきています。

もし、「薬を使うことは悪いこと」「薬を使うことに抵抗がある」
そう感じているのであれば、少し見る角度を変えてみると抵抗なく使えるのでないかと思います。

薬を持っていることの安心感

緊張というのはリラックスした状態では和らぐもので、安心感を持つことでリラックスできるようになります。

薬を持つことでこの安心感を確保できるようになります。
薬を使わないにしても、ただ持っておくだけで、緊張した場合に「いざとなったら飲む」という選択肢が増えます。
この「もしもの時に使える」という安心感は気持ちに余裕ができるものです。

このページの先頭へ