面接前夜・不安や緊張で眠れない夜はデパスがおすすめ

就活中というのは、毎日就職活動のことや面接のことで頭がいっぱいになっていると思います。

特に明日は面接という日などは気が張って夜なかなか寝付けないものです。
「早く寝なきゃ」という焦りから余計に眠れなくなってしまう・・・。
こんな経験をされたことのある方は多いと思います。
できることならしっかり睡眠をとり、万全の状態で面接に臨みたいものです。

そんななかなか寝付けない夜にも使えるのがデパスです。

当サイトでは緊張を抑える薬としてデパスやインデラルを紹介していますが、デパスは非常に汎用性の高い薬で緊張緩和以外の目的でも睡眠薬をはじめ、筋弛緩や抗うつ剤としても利用されています。

もちろん病院にて処方された内容に沿って使うことは大切ですが、睡眠薬(睡眠導入剤)としても使用できます。

睡眠薬と言っても本来の睡眠薬の様な強い作用はなく、体をリラックスさせ、興奮を鎮め、心身をほぐすことで自然な眠りへと誘導する効果があります。

ベンゾジアゼピン系の薬は体をリラックスさせる効果が高く、服用することで体の力が抜けて眠れないというプレッシャーから解放されると言った感じです。効き過ぎるということもなく、有効に使えると思います。

特に睡眠薬の中でも睡眠導入剤として使われるので寝つきが悪いなど、面接前に起こる不安や緊張からくる寝つきの悪さなどには特に有効です。

睡眠導入剤としてのデパスの使い方

デパスについては「デパスについて詳しく解説!」でも詳細に説明していますが、デパスは即効性が高く飲んで30分もすれば効果が表れ始めます。

そのため、飲み方としては寝たい時間の30分程前に飲むのが有効と言われています。
布団に入る直前に服用し、あとはリラックスし、目を瞑っていれば自然に眠りへと誘導されます。


デパスはこのように汎用性の高いお薬なので使いどころをしっかり見極めることで幅広い用途で使用することもできます。
緊張対策はもちろん・面接前夜などの不安や緊張で眠れない夜にも使える就職活動や面接の手助けとなる薬です。手元に置いておくと何かと役に立つと思います。

緊張やあがり症で悩んでいる方は一度病院(精神科や心療内科)を受診し、お医者さんにデパスを処方してもらうことも考えてみると良いでしょう。

このページの先頭へ