薬を飲んだ後にできる!リラックス効果を高めるツボ

当サイトで紹介しているインデラルやデパス、その他のジェネリックなどを服用することで緊張感を抑えることができるようになります。

しかし、薬を飲んだものの、どうも肩や体に力が入ってるなぁと感じたときはリラックス効果のあるツボも刺激してみましょう。

気持ちを落ち着かせることができるので、面接にも集中できるようになるでしょう。

ここで紹介するのはそんな緊張時の力みなどをほぐす効果が高いとされているツボです。
ツボ押し自体ではなかなか効果を感じにくいものではありますが、薬との相乗効果でよりリラックス効果は高まるのではないかと思います。

  • どうにも落ち着かないなぁ
  • 体に力入っているなぁ

そんな時にツボを刺激してみてください。

ここで紹介するツボは普段の何気ない動作の中で押すことのできるツボなので、ツボを押していることを周りにバレることもありません。こっそり押してリラックスしましょう!

リラックス効果のあるツボ

リラックス効果のあるツボ

労宮(ロウキュウ)

位置:手のひらの中心(ど真ん中)。
効果:気持ちを落ち着かせる働きがあり、緊張抑制、精神安定に効果的です。

神門(シンモン)

位置:手首の横ジワ(小指側)にあるの太い筋の内側のくぼみ。
効果:動悸を抑える働きがあり、緊張抑制に効果的です。心臓と関係が深いと言われているツボです。

内関(ナイカン)

位置:手首のシワの中央から肘に向かって指幅三本分の筋と筋の間にあります。
効果:自律神経の働きを整える効果があり、心を落ち着かせるリラックス効果があります。

リラックス効果を高めるツボの押し方

ポイントは、ここで紹介したツボの中から一つだけ押すのではなく、全てのツボの押すということです。

例えば、
手のひらから順に労宮→神門→内関の順に押す
これを数セットやるとより効果を感じやすくなるでしょう。

力加減は少し痛みを感じるくらいに強めに刺激すると効果的です。
ぎゅーっと力を込め、5秒を目処に呼吸をしながら行ってください。
呼吸もリラックスする上で大切な要素なのでしっかり意識しながらやってみてください。さらに、可能であれば目をつむると余計な情報が入ってこなくなるのでリラックス効果は上がると思います。面接時を想像する振りしながら目を閉じて行うのも良いかと思います。

どのツボも手のひら側にあり、手を組む振りをして押せるツボです。
緊張をなくす薬+ツボ
これは結構効果的なので試してみてくださいね。

このページの先頭へ