インデラルについて詳しく解説!

効果 β遮断薬(βブロッカー)とも呼ばれ、心臓を休ませる作用があります。
作用のメカニズムは、心臓にある交感神経のβ受容体への信号を遮断することです。これにより心拍数を抑えられ、血圧を下げる効果があります。高血圧症のほか、狭心症や頻脈性不整脈の治療に広く用いられています。
注意事項 喘息持ち・気管支炎や肺気腫で気管支痙攣の恐れがある人・心不全・重い心臓障害や徐脈・異型狭心症・低血圧・妊娠中の人などは服用を止めてください。
徐脈・レイノー症状・糖尿病・腎臓や肝臓の悪い人・高齢の方は注意して服用してください。
副作用 めまい・幻覚・ふらつき・眠気・だるさ・不眠・低血圧・手足の冷え・しびれ感・目の乾燥などの報告があります。
  • 緊張が抑えられる
  • 副作用が少ない

インデラルは、極度の緊張やあがり症の改善に使用される緊張を抑制する効果のあるお薬です。
β受容体遮断作用により血圧を低下させ、心臓を休ませる効果があります。
緊張対策以外にも、高血圧や狭心症、頻脈性不整脈、偏頭痛の治療にも用いられます。

重い副作用のない薬で、私自身も服用して副作用が出たことはありません。
しかし、飲み始めに体がだるくなったり、めまいを感じるという報告例もあります。
軽度であれば特に問題はありませんが、副作用が酷く現れるようなことがあれば服用を中止しましょう。
また、稀にですが、徐脈になったり、息苦しさ、喘息発作を起こすことがあります。
そういった症状が現れた場合は医師に相談するなど、薬の使用は慎重に行ってください。

また、お酒などアルコールとの併用は薬の効果を強めてしまう可能性があるため、インデラル服用時は、アルコール摂取は避けるようにしてください。

使用に注意、または使ってはいけない人

インデラルは薬なので禁忌というものが存在します。
以下の該当する方は使用を中止するか、慎重にお使い下さい。

心不全や喘息、レイノー症状のある人は使用を控えてください。
糖尿病の人も副作用が出やすくなるため注意が必要です。
高齢の方は心不全の副作用が出やすいので、少量から使い始めるなど慎重に使う必要があります。

このページの先頭へ