ジェネリック医薬品(後発医薬品)について

当サイトではインデラルデパスを緊張をほぐす薬として詳しく紹介していますが、この2つの薬には「ジェネリック医薬品」も販売されています。

代表的なもので言うと、
インデラルのジェネリックがカルデノール
デパスのジェネリックがエチラームです。

ただし、どちらの薬もジェネリックは日本国内で認可が下りていないため、病院などの医療機関では基本的に処方してもらうことはできません。通販では個人輸入という形でインデラルのジェネリックは購入できますが、自己責任のもと使用する必要があります。また、デパスに関しては向精神薬指定がされたため現在は個人輸入にて購入することはできません。

インデラルとカルデノール、デパスとエチラームに違いはあるのか?

まず、インデラルやデパスは先発医薬品と言い、新規に開発された医薬品のことです。つまり、最初に作られたジェネリックの基となっている薬です。
そして、ジェネリック医薬品は後発医薬品とも言い、期限切れになった先発医薬品の特許内容を基に作られる薬です。

ジェネリック医薬品は、既に有効性や安全性について先発医薬品で確認がとれているため開発期間やコストを大幅に抑えることができるため、結果的に薬の価格が先発医薬品と比べて安く設定されているのが特徴です。

インデラルとデパスは先発医薬品、カルデノールとエチラームはジェネリック医薬品(後発医薬品)というだけの違いです。効果に違いはありません。

ただし、先発医薬品とジェネリック医薬品とでは、製造方法や配合する成分量が全く同じ場合でも、製造プラント、製造工程、または製造国などの違いから、僅かではありますが効果に誤差が出る可能性はあります。
ただし、違いが出てもそれは微々たるものです。ジェネリック医薬品として販売されている以上、大きな違いはありません。ただ、人によっては先発医薬品の方が効く”気がする”というように先発医薬品というプラセボ効果はあるかもしれません。

先発医薬品かジェネリック医薬品で迷ったら

先発医薬品かジェネリック医薬品、どちらを買うべきか迷った場合はコストを抑えたいのであればまずはジェネリックから試してみればいいと思います。

先発医薬品と比べても安価で購入できるため、使いやすいのが特徴です。
先発医薬品とジェネリック医薬品の2つの薬を試してみて、効果がしっかりと得られるのであれば安い方を利用するのも使用コストを減らすという意味では有効だと思います。

ただし、認可という面においては先発医薬品の方が安心できるのは間違いありません。ここは考え方次第なので、先発医薬品の方が安心できるということであれば、はじめから先発医薬品を選択すれば良いと思います。

購入の際の参考にしてみてください。

このページの先頭へ