就活の面接で緊張してしまい失敗続きのあなたへ

※精神論ではどうにもならない緊張を科学的に抑える方法です

syuukatsu110_1ここで紹介しているのは就活面接でこうしたら良いという方法ではなく、そういった対策を練習通り実行できるようにするために面接時の緊張感を取り除くための方法です。

面接の緊張をなくし、普段のあなたらしさをうまくアピールし、就活戦線を勝ち抜いて欲しいと思います。
緊張しない方法としていますが、これは科学的に証明されている方法であり、私自身も効果を実感しており、確実におすすめができるものです。
根拠についてもしっかり紹介しています。
よく読んで判断して頂ければと思います。

以下のような悩みを持っている人はよく読んでみてください。
必ず面接で助けになるはずです。

  • 就職活動の面接で緊張してしまい、自分の考えがうまく伝えられない
  • 会場に着いた時点から心臓がバクバク
  • 面接中は緊張で頭が真っ白
  • 何回面接を受けても慣れない
  • 練習しても本番では思い通りに行かない
  • 面接中に声が震えて焦ってしまう
  • 面接が怖い、恐怖を感じる

このような悩みを解決できる方法です。
かなり長くなっていますのでページをお気に入り登録していただき何度も読み返してもらえればと思います。
まずは気になるところだけでも読んでみてください。

就活面接で緊張してしまいうまく自分をアピールできずに悩んでいる方へ

就職活動の面接はその合否で今後の人生を大きく左右しかねない大きなイベントです。
できるなら自分が希望する企業・職場に就職したいものです。

しかし、

  • 絶対に失敗できない!
  • 絶対に受かってやる!

そう思えば思う程に体は硬くなってしまうもの。

さらに緊張しやすい人、あがり症の方にとっては就職活動の面接は最大の難関とも言えます。

普段通りの自分さえ出せれば受かる。

そうは思っていても、緊張で体は硬くなり、心臓はバクバク、声は震え、頭は真っ白・・・。
うまく自己アピールすることができずに散々な結果・・・。
数打てば当たる、数をこなせば慣れてくる。そう思い何度面接を受けても緊張して失敗してしまう。
その結果の不合格。これではやればやる程にやる気も自信もなくしてしまいます。
失敗の積重ねで面接に恐怖すら感じるようになってしまうこともあるでしょう。
面接という短い時間で自分をアピールできないだけで自分を全非定されている気分にもなってしまいます。

これまで頑張ってきたことやアピールしたかったこともうまく話すことができずに終わってしまうのは非常に悔しいものです。
というよりももったいないです。
これはあなたにとっても企業にとっても同じはずです。

この緊張さえ克服することができれば、自分のペースで落ち着いて話すことさえできれば面接も乗り切れるはずです。

面接・緊張対策として薬を使うということ

緊張や緊張時の体や声の震えというのは心拍の上昇が密接に関係しています。
この上昇する心拍数を抑える働きのある薬というものがあります。

  • 就活で失敗出来ない人
  • 失敗したくない人
  • 失敗続きで自信をなくしている人
  • 面接に恐怖を感じている人

こういった人は利用してみてはいかがでしょうか?

ここで紹介している薬はどれも私が実際に使用しており、効果があると確実におすすめできるものです。

私は今は社会人として企業に勤めています。
緊張しながら、恥をかきながらもなんとか就職できましたが、やはり当時は薬のことも知らずに大変な苦労をしました。
当時からこの薬を知っていればどれだけ楽に就活できたかと思います。

これから就職活動を始める方々、社会へ進出する若い方々にはスタートでつまずかないで欲しいと思います。
会社というのは入ってから学ぶことの方が圧倒的に多いものです。
まずは、社会人としてのスタートラインに確実に立てるよう、希望する分野で活躍するための第一歩として、就職活動を成功させてほしいと思います。
薬を使って緊張を抑え、伝えたいことをしっかりアピールし、その上で自分に見合った企業に就職して頂ければと思います。

私が言うのも変ですが、緊張で悩んでいる人やあがり症の方には真面目な人が多いと思っています。
そういった真面目な人ほど緊張を克服できたときの力は人一倍あるものです。
希望する会社に就職し、今後の社会を支える人になってください。

参照:就活面接の緊張対策に薬を使うということ

緊張をほぐす効果のある薬とは?

ここで紹介する薬はどれも緊張抑制に効果のある薬です。
ネットで購入できるものもあれば、病院に受診することでしか購入できないものもあります。

手軽に購入できるという意味ではネット通販がおすすめですが、緊張に悩んでいる方にとっては病院に受診してでも処方してもらうとよい薬もあります。なのでどちらも含め、緊張をほぐす効果のある薬を紹介します。

例えば市販で販売されているものに「イララック」というものがありますが緊張抑制という意味では全く効果がありません。
試しに使ってみる分には良いと思いますが、気休め程度に思っていた方が良いです。

イララック
実際に私も持っていますが、効果が期待できないため全く使っていません。

実際に私がよく使っているのが「デパス」や「インデラル」と呼ばれる薬です。

そもそも私がこの薬を知ったきっかけは社内での会議やプレゼン時の緊張をなくしたいがためです。
緊張時のあがりに悩む中で病院の受診を考えた時にあがり症の人が病院で処方される薬デパスを知ったのがきっかけです。

色々調べてみると、緊張なくすことができる薬がいくつかあることを知りました。
それが先程紹介した、

  • デパス
  • インデラル

正直あがり症で病院に行くのに恥ずかしさを感じていたため、ネットで買えるのは大変助かりました。
薬の効き目には個人差があるようなので、一通り全部のものを使用し、今はインデラルをメインに服用しています。
(後述していますが、デパスはインデラルに比べ即効性があるのでデパスを使うこともありますし、併用することもあります)

私はこの薬を使うことで会議やプレゼンなどの緊張を抑えることができ、震えの症状がなくなり、失敗がなくなりました。
場面は違えど、高い緊張感のある面接では間違いなく助けとなるお薬です。

それでは、緊張を抑制する薬について詳しく紹介していきます。

薬の効果とは?緊張をなくすことができる科学的な理由とは?

なぜ緊張を抑制できるのか、効果が得られるメカニズムを知っておくと服用時に安心できるものです。
当然ですが、医学的なメカニズムがあり、緊張・あがり症への効果は理にかなったものです。
その効果は科学的に証明されています。

緊張抑制効果を理解する上で欠かすことのできない有効成分が「塩酸プロプラノロール」です。
この「塩酸プロプラノロール」は、心拍数を上昇させる働きを持つβ受容体に対してアドレナリンが関与することを防ぐための成分です。そのため、βブロッカーやβ遮断薬とも言われています。

β受容体とは?
交感神経のひとつで、心臓の収縮回数の増加や血液量の増加をさせます。交感神経の活動は、交感神経より分泌されるノルアドレナリンという物質が神経末端に存在している受容体に結合することで引き起こされます。

つまり、脳が緊張を感じても、交感神経β受容体に信号が伝わらないため、心拍数が上昇することなく、強い緊張を感じることもなくなり、落ち着いていられるというわけです。
そして、激しい動悸などによる声や手足の震えなどの症状を抑制することができます。

緊張時は、

  1. 緊張
  2. 心拍数の上昇
  3. 更なる緊張

このサイクルで緊張感を増大させていきます。
それを最初の段階で食い止めることができ、緊張を感じにくくなり、平静を保つことができるようになります。
緊張状態を未然に防ぐことで緊張を抑制できるわけです。

しかし、ここでひとつ疑問が生まれます。
「緊張感は完全にはなくならないのでは?」
確かに緊張感が完全に0になるわけではありません。
実際に使ってみるとわかりますが、身が引き締まるような程よい緊張感は残ります。
しかし、緊張時に現れる声や手足の震えなどの症状が現れることはありません。

上のサイクルにもあるようにそもそも緊張やあがり症の発端である不安や恐怖は思考がスタートです。
それが体へと伝わり心拍数を上昇させ症状として現れます。
薬の服用により心拍数の上昇を防げるため脳の緊張が体へ伝わることがなくなり、強い緊張を感じることはありません。

緊張をなくす効果のある薬

  インデラル デパス
  インデラル デパス
先発・後発 先発医薬品 先発医薬品
サイズ・量 10mg 40mg 0.25mg 0.5mg 1mg
価格(安さ) 1位 2位
即効性 ○(30分~1時間) ◎(30分前後)
持続性 ○(4~6時間) ○(4~6時間)
ユーザー評価 4.5 4.5

デパスは厚生労働省により向精神薬指定がされているため、病院で処方してもらわなければ購入することはできません。インデラルについては個人輸入代行サイトを利用することで通販での購入が可能です。

この中でどの薬が1番効果が高いというのは一概には言えません。
一般的には即効性の面で言えばデパス、価格面ではインデラル、特にジェネリックが安いです。

ジェネリック医薬品について
ジェネリック医薬品(後発医薬品)とは、新薬(先発医薬品)の特許が切れた後に販売される、先発医薬品と同じ有効成分を使い、効き目、品質、安全性が同等な薬のことです。開発費がかからないため価格が安いのが特徴です。
先発医薬品とジェネリックでは、配合する成分量が全く同じであっても、製造プラントや製造工程の違いから、薬の効き目に僅かな誤差が生じる可能性はあります。効果の違いは微々たるものですがどちらが自分に合っているかなどは飲み比べてみるのが良いかと思います。
参照:ジェネリック医薬品(後発医薬品)について

しかし、薬は個人差が比較的出やすいものなので、自分に合った薬を使用し、効果を得られるものを選択することが大切です。
上の表はあくまでも薬選びの基準として考え、効果については各自お確かめください。

次に薬の選び方やおすすめの買い方も紹介していますので参考にしてください。

初めての方におすすめの薬の選び方

就活面接の緊張対策として初めて薬を利用する際は、あらかじめ色々な薬を試し自分に合っているもの、最も効果が得られるものを選ぶのが本番(面接)で緊張しないコツです。

理想は全ての薬を試すことですが、学生ということもあり、お金をあまりかけられないのであればジェネリックから試してみるのか良いかもしれません。

また、薬は小分けでも販売されているので、まずは箱買いではなく、小分けのシートから購入するのも試してみると言う意味ではおすすめです。40mgなど成分量の多い薬の方が同一mgあたりの単価は安いので少しでも安く購入したいという方はインデラルの40mgとピルカッターを一緒に購入し、カットして服用量を微調整するのも良いでしょう。

しっかりとしたスーツを身に着け、どれだけお金をかけて着飾っても肝心の面接で失敗しては意味がありません。お金をかけるべきところを間違えないようにしてください。就職活動、特に新卒での就活は人生に一度です、変にケチって失敗しないようには注意してください。

薬の入手方法は2つ「通販」か「病院」

前述しましたが、ここで紹介している薬は一方は通販でも購入できますが、もう一方は病院に受診し医師に処方してもらうことでしか購入することができません。どちらも市販薬として薬局などでは売られていません。そして、どちらの薬も病院に受診し、担当の医師に話を聞いてもらえば、ほとんどの場合は心情を理解し希望の薬を処方してもらえると思います。

ただし、病院に通うのは通院の費用、診察代なども必要なため割高になります。
その分医師に診てもらえるという点では安心感はあると思います。

ただ精神科などへの通院歴は就職に不利に働く可能性がないとは言いきれません。
就活の面接などを乗り切るために薬をもらいに行っても、通院歴がネックとなってしまっては本末転倒です。

そのいった理由も踏まえると、通販で購入できるものは通販を利用するのが妥当な購入方法かと思います。
通販で購入するには個人輸入を行う必要がありますが、個人輸入代行サイトを利用することで普通の通販サイトと同様に買い物をすることができます。

次に私が利用している通販サイトを紹介しますので利用を検討してみてください。
これまでに2年程利用していますが、配送や薬の使用によるトラブルも一切ありませんのでおすすめです。

また、薬事法によると個人での使用に限り医師の処方箋がなくても購入、使用は許可されているので法に触れる心配はないので安心して利用して問題ありません。

私が利用している通販サイト

私がよく利用したことのあるサイトには「BESTケンコー」「くすりExpress」いう個人輸入代行サイトがあります。

どのサイトも

  • 安い
  • 早い
  • 安心

の三拍子が揃っているのでどれを使ってもいいと思います。また、どのサイトもインデラルを購入することができます。

薬は海外から買い付けることになるので、時間がかかりますが、注文後2週間程で届くことが多いです。
また、これまで4年以上利用していますが一度もトラブルがないため安心しておすすめできます。

個人輸入を利用して薬を購入するとこのように届きます

自分が学生だと考えると、やはり不安に思うのはどのように届くのかということではないかと思います。
薬、更には緊張対策として使うデリケートな商品です。
あまり周りに知られずに購入したいところです。

今就職活動を行っている方、控えている方は実家から通っている方も多いと思います。
1人暮らしをしている方であれば何も気にすることはありませんが、親と同居している方や実家暮らしの方は薬を購入したというのをなるべくならバレたくはないと思うかもしれません。

  • どんな風に届くのか?

という不安や、

  • ちゃんと届くのか?
  • 本物なのか?

という点が気になると思います。

実際に私が個人輸入代行サイトを利用して薬を購入した際の写真を紹介します。
どんな風に届くのか、ちゃんと届くのかといった不安の解消に繋がればと思います。

以下は実際に薬を購入した際の写真です。

オオサカ堂から荷物が届きます裏面には「HEALTH CARE PRODUCTS」の文字簡易的な梱包です

基本的にいつもこのような簡単な梱包で届きます。
しかし、何を買ったのかまでは余程まじまじと見ない限りはわからないですし、箱を見るだけではヘルスケアプロダクトって何だ?くらいなものではないでしょうか。
実家暮らしの方でも特に周りに知られる心配はないかと思います。

どの個人輸入代行サイトもこのような感じの目隠し梱包で届くので安心して利用できると思います。

私が実際に使っている薬

最初にもお話しましたが、私は主にインデラルとデパスを使っています。どちらかと言えばメインはインデラルです。ジェネリックも使ってみましたが、何となくジェネリックより効きが良く感じたからです。先発医薬品というプラセボ効果もあるかもしれません。

デパスとインデラル
私なりの使い方ですが、デパスは非常に即効性が高く、服用後15分ほどで効果が現れ始めます。インデラルは30分ほどで効き始めます。
そのため、デパスは緊急時、インデラルは常用という感じで使っています。

緊張する場面が予想できるときは、インデラルを1時間前から飲むようにしています。
強い緊張が予想されるような場面では直前にもう1錠服用します。今はインデラル10mgを服用していますが、20mg飲めばかなり緊張は抑えられます。(30mg飲むこともあります)

これはあくまでも私の使い方です。
私にはインデラルもデパスも効果を感じることができていますが、薬の効き目には個人差があります。
私に効果があったものがあなたに効くとは限りませんし、あなたにはデパスの方が合っているという場合もあると思います。

つまり、薬には相性があるので、はじめはインデラルとデパス、または、可能であれば全ての薬を一度試し、最適な薬を見つけるのが良いと思います。
現に私もインデラル、デパスなどここで紹介している薬は一通り試しています。
全部は大変かもしれないので試せる範囲で試してみることをおすすめします。その点でインデラルなどは通販でも購入できるという意味では試しやすいかもしれません。

何にしても、実際に飲んでみて効果のあるものを本番で使うようにしてください。

このページの先頭へ